デリヘルが毎年結構な数で増えている

今その数が急激に増えているデリヘル。
もはやよほどの過疎地域でない限りは、日本全国どこでもデリヘルがカバーしていない地域は無いと言っても過言ではありません。
全国的にその数は増え続けていて、実際に営業の届け出がされている店で約2万軒のデリヘル店が日本中に存在しています。
ここ数年は、年間1500軒近いペースで新規開店が進んでいて、現在一番勢いに乗っている風俗と言うのは間違いないでしょう。

デリヘルの特徴といえば、店舗を持たない派遣型で自宅やホテルなどへコンパニオンの女性が派遣されてくるという事です。
そのため、営業範囲が非常に広く取ることが出来るため、顧客の獲得が用意であるということになります。
例えば、東京の上野を中心とした場合、山手線であれば秋葉原~日暮里ぐらいまで、浅草なども近いですからその辺りまでの範囲は全て顧客になる可能性があるというわけです。
店舗が要らないということで営業も始めやすいということも、デリヘルが増える一因になっていると言えます。

しかし、店舗を持たず営業を始めやすいということは、届け出を出さない悪質なお店も増えるということです。
一番トラブルに巻き込まれやすいのもデリヘルという業種の特徴であるため、利用にはある程度慎重さが必要となるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ